メンバー活動日記【2月22日】

0

    今は一点に集中する。


    芝居、台詞、音、全てに一点を作る。

    そこに集中する。


    この一点というのが自分はまぁデカい。

    点というより円になってしまっている。



    もっと●●して、●●して、●●しないと、いざ使うって時にブレてしまう。


    今自分が気になるのは音。
    芝居も台詞もやるけども。


    上顎全体とまでは言わないけど、
    当てたいポイントじゃなくその周りにまで当たってしまう。


    または上下に広がってしまって喉に引っかかる。


    とにかく点と言えるところまで●●した上で

    それこそ自在にピンポイントに当てられるように変化しなければ。


    ピンポイントに当たると気持ちいいし楽しいのだから。

     

     

    スパロボフ



    メンバー活動日記【2月16日】

    0

      今まで以上に濃いセッションが続いている日曜日です。

       

      課題は一人一人違います。
      頂いた課題に対して、変化を示している先輩方。
      私は、それにずっとハッとしっぱなしです。

       

      私は、一人芝居です。
      代表に改善ポイントを教えて頂いたのですが、
      中々難しい所があります。

       

      私は一人芝居中、ロボットになってしまっているのです。

      自分と相手との間に必要なあることができていませんでした。
      これをする為には、まずどうするのか。。。

       

      お話を聞いた時、その必要な事ができていないために
      どれだけ相手を困らせてしまっているのか分かりました。

       

      各ポイントに注意しながら稽古をしますが、大変です。

       

      〇〇〇〇〇〇をするのに、やたらと時間がかかってしまったり、
      時間を詰めようとすると〇〇〇〇〇〇が全く出来ていなかったりしてしまいます。

       

      これが出来ていないので私はまだまだ駄目です。
      …が、チャンスでもあります。

       

      〇〇〇〇〇〇がしっかりと出来るようになり、
      そして私がやりたいアニメの芝居にも当てはめれるように淡々と稽古をして、
      変化を示していきたいと思います。
       

       

      糖分

       



      メンバー活動日記【2月15日】

      0

        今月、新しいクライアントからの仕事が、4本決まり、
        また、以前もお世話になった制作会社からの仕事、
        また、いつもご指名頂く制作会社の仕事が続々と決まり、流れが来ています。
        間違いなく、APHで聞く講義、セッションのおかげです。

         

        一体、自分の中心って何なのか?
        一点に絞れ・・・じゃあ何に絞るの?
        各自のテーマは全くもってバラバラです。

         

        私の場合、あるワードが自分にカチャッときました。

         

        中から燃えるエネルギーが湧き出してきて、
        そこにものすごく大きな想いがたまっていたことがわかり、
        代表と話しているうちに、すごくワクワクしてきたのです。

         

        これが、本物かどうかは、来月以降の仕事の本数で・・・
        って、自分にプレッシャーかけてしまった・・(汗)(笑)

         

        でも、なんだろう・・・?

         

        私の軸が、コンパスみたいに刺さっていて、
        一見芸事とは全然関係ないように見えることも、
        全部がつながって、何をしていても楽しい・・
        といったら語弊があるかもしれないけれど、
        充実しきっているんですよね。

         

        「ぶれない」っていうところに、ほんの少し触れ始めているのがわかります。

         

        もちろん、ぶれないという言葉の奥深くにあるものは、
        こんなもんじゃないと思いますが。

         

        この流れが来ている中で、今日のセッションに参加したのですが、
        それはそれはとても充実していました。

         

        私が、自由になっているのがわかります。
        無駄な力がなくなったこともわかります。
        セリフを言いながら、充実しているのです。

         

        代表からもこれまでは固さが邪魔して、見えなかったものが見えてきた・・といわれ、
        とても嬉しく感じました。もっと、稽古したいと思いました。

         

        ●●の中に、力が浸み込んできた・・。
        ここは、私にとって大きいことです。
        センスでやることをやめて、一回一回、大事に、日本語を話していきたいと思います。

         


        ふわふわり

         



        メンバー活動日記【2月9日】

        0

          日曜日はツイン、もしくは1人芝居でそれぞれ2週していきます。

           

          その人、その人で課題が全然違っていて代表からのポイントも多種多様です。
          今まで以上に濃いセッションが続いています。

           

          そして私は

          自分の○が見つけ切れておらず、
          少し、いえ、結構さまよっています。

           

          今までうまくいってないのだから正解ではないけれど、
          どこを手掛かりにすればいいのか、、
          ヒントを求めて書き出してみては
          なんだかすっきりするところまでいかないで
          壁の傍で道がUターンするみたいな感覚になり、
          それでも少しずつその壁も、
          1枚1枚剥がれてきているところがあります。
          べりって剥がれないかな、べりって。と思ったりもしますが、
          剥がれていっているところと、
          新たに剥がれるところを探して○を見つけます。

           

          とりあえず今自分が繰り返していることは違う、
          それがわかっているから違うところにいけばいい。

          まださまよっている途中、
          さまよいながらも殻をつついていきます。

           

           



          メンバー活動日記【2月8日】

          0

            今週も講義と実践を交えた、とても濃いセッションになりました。

             

            今のテーマは「○○○○」ということで
            そのために◆を2つ持つ人、1つの◆を深めている人がそれぞれいます。
            私は後者で、とにかくデビューして仕事することをターゲットとしてやっています。

             

            ここで、自身がつくり出してしまっているストッパー・壁の問題が出てきます。
            私がすごく感じているのは、まさにコレ。

             

            その時に必要なのは「深い□□」です。
            つまり、今プロとして仕事をバリバリやっていないのだから
            私が持っている□□ではプロにはなれないということなのです。

             

            じゃあ、どうすればいいかというポイントを代表に教えていただいて
            自分でも更に書き出しを進め、稽古で技術を深めて、深めていく。
            セッションだけでなく、1週間のうちにどれだけ出来るかが肝になってくるなと改めて感じています。
            繰り返すだけの練習にしない。やるのは稽古なのです。

             

            教えていただく内容が秘密の宝物だらけなので、これ以上はなかなか書けませんが
            とにかく「そういうことだったのか!!」と思うことばかりです。
            だから私は毎回セッションで、うんうん唸ってます。
            しかも、どんなところでも使える技術ばかり。
            これは本当に重要ですよね!

             

            2019年度も、あと1ヶ月半。
            まずは2月中に教えていただいたポイントを深めて
            オーディションで使って、お仕事しようと思います。

             


            なづな

             



            メンバー活動日記【2月2日】

            0

              日曜は土曜のボイスセッションを踏まえての演技セッションです。
              昨日も2点ほど、とても大事なポイントをご指導いただきました。
              各人の課題と、共通の課題とを約3分の2人芝居の中でどれだけ出来るか。

               

              お芝居するにも、どこに集中するかで相当感覚が違うもので、

              何かうまくいかないぞと思っていた時は、

              集中すべき点が間違っていたのが原因だったのだということがわかりました。

               

              まだまだ課題は山積みではあるものの、

              少しずつ、自分の欠点が解消されて本質に向かえている感覚がここ最近ふつふつと湧いて来ています。
              その感覚を大切に、ステップアップしていきたいと、改めて思ったセッションでした。

               

               

              みぃ



              メンバー活動日記【2月1日】

              0

                始まったばかりだと思っていた2020年も気づけばもう2月。
                あっという間すぎて本当に驚いてしまいます。
                改めて、一日一日を大切に、そして全力で過ごしていかねばと思います。

                 

                そんな中、2月最初の土曜クラスでは
                講義で物凄いことを教えて頂きました。

                 

                役者として私たちが語るセリフ。
                それは、その言葉は、何なのか・・・という事。

                 

                詳しいことは書けないですし
                これだけ読んでも全然伝わらないと思いますが、
                本当に物凄いことを教えて頂いてしまったのです。

                 

                2020年、
                世の中も、APHも、私自身も、大きく変わろうとしているこの瞬間に
                自分自身がどうあるべきか、どのように向かっていけば良いのか、
                その事がものすごい衝撃と共に響いてきました。

                 

                何かがすぐに出来るようになるわけではないけれど
                向かって行く方向と、今やるべきことが
                より明確になりました。

                 

                ひたすら、ひたすら、淡々と、淡々と、
                向かって行きたいと思います。
                 

                 

                eco



                メンバー活動日記【1月26日】

                0

                  自分の固定観念を再確認しました。

                   

                  今自分は、新しい音のポジションを作ろうとしています。

                   

                  正直、大苦戦しています。

                   

                  自分の音を出す位置が固まってしまい、

                  変える事ができずにいたのです。

                  しかし去年末ごろに強引に音のポジションを変える事はできるようになりました。

                   

                  違和感の塊です。

                   

                  自分の芝居ができない。

                  何度やっても声だけ浮いてしまう。

                  自分でそう感じるし、そう指摘もされました。

                   

                  どうすれば良いのか分からず、

                  とにかくポジションだけ強引に変えて稽古しました。

                  しかし違和感は全く取れない。

                   

                  この日のセッションでも代表から、

                  「身体と声が分離している」

                  と言われました。

                  これも去年からずっと言われ続けている事です。

                   

                  わからない。

                  どうすれば良いのか。

                   

                  「どうやったらその音が出るのか」

                   

                  そう代表に言われ、考えました。

                  わからない。

                  自分は諦めました。

                  今のやり方では無理だと思ったのです。

                   

                  で、やり方を変えました。

                  こうじゃないと出ない。

                  そういう諦めの心境でやったのでダメだと思っていました。

                   

                  しかし代表から「その変化」をちょっと褒めてもらえました。

                   

                  代表に「変化」の中身を説明されハッとしました。

                  自分はなぜか

                  「今までの姿勢、芝居のまま音を変えなければいけない」

                  と思い込んでいたのです。

                   

                  必死なってやってもどうしても取れなかった違和感が、

                  やり方を変えた事でかなりなくなりました。

                   

                  ああ、なるほど。

                  言われてみれば確かにそうだ。

                  説明されて納得しました。

                  冷静に考えれば当たり前の事です。

                  でも何年も全くそこに考えが至らなかった。

                  思い込み、固定観念がどれだけ障害になっていたのか痛感しました。

                   

                  なんで自分は今までこうやらなかったのか。

                  ショックでした。

                  頭が硬い。

                   

                  もっと大きく柔軟に変化して行きたいと思いました。

                   

                   

                  けん



                  メンバー活動日記【1月25日】

                  0

                    悪い癖が取れない。

                    呼吸についていい話がたくさん聞けたのに、

                    自分の癖が邪魔になる。


                    自分の高い声を低い声にしたかったのは、

                    多少なりともあったけどもそれが悪い癖になってしまっては台無し。


                    声をのんでしまうのも悪い癖ですし、

                    癖にするなら良い癖を付けなければ。


                    悪い癖の取り方は

                    バッチリ教えていただいたから、

                    なんとしても悪い癖をとって良い演技が出来るようにしたいと思います。

                     

                    癖のない声と丁寧で分かり易い動きを擦り合わせて、

                    自分らしい演技を身に付けて仕事を増やしていくぞ!


                    と、改めて決めた日でした。

                     

                     

                    スパロボフ



                    メンバー活動日記【1月19日】

                    0

                      講義で稽古についてお話しがありました。

                       

                      ここでは詳しく言えないのですが、
                      私の稽古は稽古になっていなかったと改めて思いました。
                      穴だらけでした。

                       

                      ○が重要になるのですが、
                      ○を上げる為に☆☆☆をどうするかがポイントになってきます。
                      私は☆☆☆を分かっていない状態でした。

                       

                      また、今やっている題材で演技をしました。
                      土曜日に各個人へそれぞれ改善していくべき
                      具体的なポイントを教えていただいていました。

                       

                      前日教えていただいたところを稽古し、
                      演じる時にそのポイントに注意して芝居をしました。

                       

                      私は台詞が徐徐に良くなってくる傾向にあります。
                      今回も。
                      最初の台詞から出来れば良いのですが...悔しいです。

                      代表からいくつかポイントを教えて頂き、
                      家で稽古をしているのですが、なかなかうまくいかない...大変です。
                      しかし、少しでもそこに触る事が出来るともう一回やろう!と思います。

                       

                      一つ一つ丁寧に淡々と稽古をして更に変化をしていきます。

                       


                      糖分



                      calendar
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << April 2020 >>
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                      JUGEMのブログカスタマイズ講座