メンバー活動日記【4月8日】

0

    チャペル日曜は演技クラス。

     

    今日は、本番前最後の本テスでした。

     


    二人一組で自分たちの芝居を3分間で演じていきます。

    それに対して代表からエバリュエーション(評価)をいただくのですが、
    中級編に入り、エバリュエーションの基準は、

    『プロとして、仕事で使えるかどうか』
    当然といえば当然ですが、なかなかにシビアです。


    が、自分が演じるのももちろん、人のをみて、

    エバリュエーションを聞くのがものすごく勉強になります。

    また、土曜のボイスを日曜に持ち込む、というところでは、

    あることを一つ教えていただき、各グループそこを意識して臨んだのですが、
    それを意識するというのがどういうことなのか、

    また、それが意識出来るだけでどれだけ変化するかを目の当たりにして、
    技術の深さを改めて思い知りました。

     


    来週は本番。


    今日いただいたエバュリエーションを踏まえて、しっかり結果残してきたいところです。


    他の組も本番にはどう変化しているのか、とても楽しみです!

     

    みぃ



    メンバー活動日記【4月7日】

    0

      スノボ現在、ボイスクラスはいよいよ本格的な中級編のドリルに入りました!

       


      今まで解らなかった、人体に関する謎が次々と解き明かされていく

      「NHKスペシャル シリーズ人体」級の驚き(笑)と、

      「全身の細胞が一瞬で活性化されるような体感と感動」をもって、

      毎週、身体とボイスに関する秘密が徐々に解き明かされています!!


      今まで考えてもみなかった視点、知識、身体の使い方、新しい感覚が出てきて

      「自分たちは如何に西洋の文化に毒され、

      本来の身体の使い方を忘れてしまっていたのか」

      を痛感させられます。


      「ボディーヴォイス」は厳しいけれど、

      そこには「確かな本質」が宿っていて、

      そこに「役者としての希望と可能性」を感じます!


      思えば、今まで自分は養成所や劇団に所属し、

      色んな発声、発音、滑舌等の練習をしてきましたが、

      殆ど全てにおいて「こんなことやって何になるんだ?」

      と正直疑問に思っていました。

       

      学生時代には、演劇部の発声練習なんかが聞こえてくると、

      聞いてるこっちが恥ずかしなり、目を伏せてしまうタイプの人間でした。

      それ位、発声、発音等の練習が嫌いで、ダサい!と思っていた自分が、

      気が付けば夢中で「ボイスのドリル」をやっているではないか…!!

      と今気が付きました(笑)

       

      「ボディーヴォイス」には「プロの現場での実践」に裏打ちされた

      「明確な理論と技術」があり、実際に変化をもたらし、

      かつ深い所までアプローチできる…そんなボイス体系には、

      今まで出会ったことがりませんでした!

       

      何よりも「やっていて楽しい」のです!!

       


      中級編は一言で言うと「●」です!!

       

      この技術を「正しく」積み重ねていけば、芝居やボイスの「●」は勿論の事、

      人生に対する視点という「人としての●」も変わっていく…

      自分はそう感じながら日々ドリルをしています。


      中級編は守秘義務があるので具体的に書くことはできませんが、

      それ位強力な技術ということであり、また「正しく積み重ねていく」事が

      とても大事だから、だと自分は捉えています。


      そして、この「正しく積み重ねていく」先に見えてくるものこそが

      「芸事の世界」であり、その道を進んでいくことが、

      自分が学生時代から強く想っていた「本物の役者」になる道だと信じて、

      今日も浮かれず落ち込まず、淡々と進んでいきたいと思います。

       


      メダカズキ



      メンバー活動日記【4月1日】

      0

        花早いもので今日から4月に突入、そして新年度!!


        いろいろと素敵なご報告があったりして

        ワクワクな新年度が始まりました。

         


        さて、本日は2回目の本テス。

        前回指摘していただいた点を踏まえたものを、板の上に乗せます。


        今回のお芝居は、ツインであるOさん起因の台本。

         

        かなり苦手な「怒る」シーンが出てきます。

         

        というのも、私の怒る芝居は、「怖い」のです。

        これまで何回も芝居の中で怒ることはあったのですが、

        毎回、「怖い」という評価をいただいているのです…

         

        前回の1回目の本テスでも、代表にその点について指摘をいただきました。

         


        どうすれば、怖く見えないように出来るのだろう?と思っていたのですが

        その考え方自体が、そもそも間違っていたことに

        気づきました。


        Oさんにも指摘いただいたことでもありましたが

        私はちゃんと●●ということが出来ていなかったんです。

        だから、全部台詞が自分のところで止まっていて

        コミュニケーションが微妙にかみ合っていませんでした。


        本当の意味で◆◆出来るようになれば

        Oさんの台詞も聴けるようになる。

        そして、ちゃんとOさんに返せばいいのだから。

         

        音のことを含めて、自分のことばかりに気を取られていたと

        ものすごく反省しました。。


        これが出来るようになれば、

        私がよくやってしまう痛々しい感じの必死さではなく

        怒ることすら楽しく出来るなと思いました。

         

         

        Oさんと私は、お芝居のスタンスもやりたい方向性も全く違いますが

        本質に沿ったものであれば、ひとつの作品になる。

        APHの素晴らしい部分に、また一つ触れることが出来て嬉しかったです。


        気づいた部分は大きいけれど、

        まだまだ自分が陥ってしまう悪い癖に引っ張られてしまうので

        ここの精度を上げていかないといけないなと思いました。

         


        なづな



        メンバー活動日記【3月31日】

        0

          鉛筆2いよいよ明日から新年度、

          というタイミングでのボイスレッスンです。

           

          毎週、盛りだくさんの内容が次々と登場して、目まぐるしいですね〜。

           


          今回も、あるテクニックを伝授頂きました。

           

          詳しくは書けませんが、

          この動きを続けることで特有のエネルギーを創ることができるのです。
          動きを止めてからもしばらくはこの感覚が続きました。


          家に帰ってからも、

          この動きを稽古したのですが、

          徐々に、エネルギーを創る感覚がつかめるようになってきました。

           

           

          明日からの新年度、

          今習っている事を使い、

          どんどん結果を出していきたいです!

           

          いろいろと
          面白くなりそうです☆  
           

           

          ロティア@移籍するしかないっ!



          メンバー活動日記【3月25日】

          0

            Tシャツ本日は本テスの日です。

            僕とツインの方は時間の関係で板に上がりはしなかったのですが、

            またまた重要な話を聞くことが出来ました。

             

            そしてその話を聞いた上で

            変化を起こしている先輩方の芝居を観るだけでとても勉強になりました。

             


            いつも驚くことなのですが、

            代表が技術を使うとアマチュアの僕から見ても

            何かが変わったのは明らかに分かるんです。

            でもそれが具体的に何なのかまでは解らず、

            その技術の秘密を聞かせていただいて初めて理解出来るんです。

            理解出来ないことを悔しいなぁと思いつつ、

             

            「これまでに教えていただいたことのあの部分に

            繋がっているんだ!」

             

            と全ての技術は、どこかで繋がっていると

            気付けた時は、少しだけ自分の成長を感じられます。

             


            頭で理解するだけでは意味はありませんので、

            しっかりと自分で身体で出来るように

            淡々と稽古して行きたいと思います。


            しょこらてぃえ



            メンバー活動日記【3月24日】

            0

              チャペル土曜日はボイスです。

               


              自分の身体が、本来あるべき響きを奏でるには

              「ある状態」でなければなりません。


              それをAPHで学び、日々稽古しているわけですが・・・


              この日は、そのために必要な「あるストレッチ」を教えて頂きました。


              「ストレッチ」というと、運動の前後になんとなくやっているようなものを

              想像されるかもしれませんね。

               


              でも、本当は、全然違うんです。


              私は子供の頃からダンスをやっていたので

              色々なストレッチを、(なんとなくではなく)意識的に

              ある程度やってきました。

               

              それらのストレッチはある局面では役に立つこともあるのですが・・・

              APHで学ぶストレッチは、もっとずっと本質的なのです。

               


              正しくやると・・・うわ〜、こんな風になるのか!と。感嘆。


              しかもAPHで学んだことが少し出来るようになってくると

              ダンスをしていても、自分の身体の感覚が変わり

              何年も出来なかったことが出来るようになったり・・・


              勿論、ボイスのために身体を創っているのですが、

              結局のところ、本質に向かうものは全てに通じるのですよね。

               

               

              先日も、ある世界的有名な、とっても素晴らしい

              ピアニストの映像を観ていたのですが

              その彼も、今私たちがAPHで学んでいる「ある状態」に

              身体がなっているんです!

               

              そうなっていないと、あの演奏は生まれないんですよね!

               


              深いんですよ。本当に。

               

               

              そしてそれは、一朝一夕にできるものではなく・・・。

               

              一歩、また一歩と、積んでいくしかないですね!

               


              eco



              メンバー活動日記【3月18日】

              0

                カチンコあんなにあからさまにやってもらったのに…

                 

                言われるまでわかりませんでした…

                 

                 

                みんなも自分も、それによって起こった「結果」には

                気付いていろいろ言っていました。

                 

                でも肝心の「理由」、「原因」がわからなかった。

                 

                土曜セッションでずっと言われていたことなのに、

                見ても答えることができませんでした。

                これが頭ではわかっている、という状態ですね。

                 

                この状態、たぶんみんななった事はあると思います。

                無意識に。

                 

                自分も覚えがあります。

                しかし全く意識せず感覚だけでやっていました。

                だから使えない。

                 

                 

                何故そうなるのか?

                 

                ひとつひとつ丁寧に分析しないとわからない。

                それを自分はやってこなかった。

                ここ最近、ようやく自分の出来なさがわかってきました。

                 

                今までは変なプライドがあり、それを認められずにいました。

                正直まだあります。

                 

                が、

                 

                現場で自分のできることをやり続けていると、

                いやでも限界が見えてきます。

                 

                もっともっとこうしたい。

                先輩のようにできるようになりたい。

                 

                 

                そのためには自分が全く足りていない事を

                理解しなければと感じました。

                 

                悔しい。

                 

                 

                けん



                メンバー活動日記【3月17日】

                0

                  スノボ今日はボイスクラスです。

                   

                  私はどうしても力が入ってしまいます。

                  どうやれば楽にできるんだろうか、と、

                  呼吸をやっていくときも必ずどこかでひっかかってしまいます。


                  あることが入っていませんでした。

                  何度も聞いてきていた言葉ですが、通り抜けてしまっていました…


                  今、毎日のルーティンにもそのことが入っています。

                  気持ちが良くてやってしまいますが、

                  そういうことも含まれていたのかと思うと、

                  より一層ルーティンをしっかりやっていきたいです。

                   


                  相手に気持ちよく感じていただけるように、

                  深めていきたいです。

                   

                   

                  くろまる



                  メンバー活動日記【3月11日】

                  0

                    鉛筆2不甲斐ないなぁ。

                    講義を受けた後の心境です。

                    あれだけ為になるお話をしていただいたのに、
                    自分は仕事の量も質も低すぎでは無いのかと。

                    そう思い、気合いを入れ直して臨んだ今週。

                    取れた仕事が一件とはまた情けないのですが、
                    一件一件の仕事をしっかりこなして評判を上げつつ

                    営業もやって質も量も上げていくぞ。


                    今回、再現の仕事にいってきました。

                    だだ、再現ではあるもののナレーションの背景なので、セリフがない。

                    その事は悔しいですが、自分のキャラの活かせる仕事だし、何か印象を残したい。

                    その中で自分が

                     

                    「こうした方が絵的に分かり易い」

                     

                    と思ってとった演技に、監督が

                    「そうなりますよね。」

                    と納得したように呟いてくださったのが、地味に嬉しかったんですよね。

                     


                    小さなヒットですが、これも肥やしにさらに精進を重ね

                    仕事をやっているのが当たり前という状態にしたいと改めて決めました。

                     

                     

                    スパロボブ



                    メンバー活動日記【3月10日】

                    0

                      植物今回もここでは詳しくは言えませんが、

                      とても大切なお話を聞く事が出来ました。


                      中級編に関してのお話です。

                      今回のお話で、様々なポイントに気付きました。


                      家に帰ってそれらのポイントを意識して作品を見直すと、

                      それらのポイントが、さらに理解できてくる感覚がありました。

                      私は、自分の持ち味である「気持ち悪さ」

                      という武器の使い方が分からず、逃げてしまっていました。

                      どうすれば、自分の武器を、演技に生かすことができるのか?

                      直面して、逃げ出さないで自分の武器を育てていきたいと思います。

                       


                      今回のお話を通してもう一度、自身を見つめ直したいと思いました。

                       


                      糖分



                      calendar
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << April 2018 >>
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                      JUGEMのブログカスタマイズ講座