メンバー活動日記【3月10日】

0

    今日は、先週撮影した本番を観るエバリュエーションの日。

     

    私は事情で撮影当日に参加できなかったので、

    メンバーの方々のお芝居をじっくり観させていただきました。

     

     

    特に注意したのは、

    土曜日に代表から教えていただいた「●●●」というポイント。

     

    確かに●●●からずれていると、無理が生じます。

    取ってつけたように観えてしまうというのは、そこだったんです。

     

     

    そして、その●●●に入るために必要なのは◎◎だということを教えていただき

    実際に1組のツインの方が前に出てきて実践したのですが、

    目の前ですごく変化していました。

     

    ◎◎ってお芝居をするときによく聴く言葉ですし

    私も養成所やワークショップで、

    ◎◎の訓練みたいなこともやったことがあります。

     

    でも、なぜそれが必要なのか、それを使ってどうやるのか、

    みたいなことまでは分からず

    ◎◎して次はどうするの???という疑問だけが残った記憶があります。

     

     

    でも、代表からお話を聞かせていただき、

    実際に◎◎してお芝居をされているのを観て

    なるほどなと、そういうことだったのかと、

    すごくよく分かりました。

     

     

    今回教えていただいた技術をしっかり腑に落として

    実際の現場でも使えるように稽古していこうと思います。

     

     

    なづな



    メンバー活動日記【3月9日】

    0

      本日は、事務所での講義でした。

       


      まずは、食事に関するお話でした。


      ●●を食べる事で、どれだけエネルギーが変わってくるか、
      なぜそれが必要なのか、を教えていただきました。

       

      ここ数年、●●を自分の食事に取り入れているのですが、
      以前は、疲れやすかった体質が、
      今では、大きく改善されつつあります。

       

      声優として、
      「食」に気をつける事の重要性を、改めて感じました。

       

      今日、●●についての新たなポイントを教えていただいたので、

      早速取り入れたいと思いました!

       

       

      そして、ボイスの講義に入っていきました。

       

      男性声優さんと女優さんの組が
      前に出てきて実践をされました。

       

      代表からあるポイントについて、お話があったのですが、

      そのお話の後に、お芝居が大きく変わったのが、よくわかりました!

       

       

      プロの先輩方のお芝居を間近で見られる事は
      私にとって本当に貴重な経験です。

       

      また、先輩方のお芝居を見させていただき、
      私はどれだけ足りていないんだろうと、改めて思いました・・・

       

       

      本日お話のあったポイントをしっかりと稽古して、
      丁寧に積み上げていきたいです。

       

      そして、相手としっかりコミュニケーションが取れるような
      お芝居をしていきたいと思います。

       

       

      糖分



      メンバー活動日記【3月3日】

      0

        難しい。

         

        今回は受けとして、

        夏目漱石『我輩は猫である』の1シーンを演じました。

         

         

        まず言葉。

        台詞が現代語ではないので

        そこでは時代の雰囲気を出しつつ演じるのですが、これが難しい。

         

        意味はわかりますが、馴染みのない言葉使いに苦戦しました。

         

        そして衣装。

        夫婦で夕飯を自宅で食べるシーンで、浴衣を着ました。

         

        ずっと正座。

        足がきつい。

         

         

        このシーン、セリフ量が多く3分に入れるためには

        かなりハイペースで会話をしなければなりませんでした。

         

        その上で夫婦間の軽口や不満をコミカルに演じたかった。

         

         

        稽古では3分に収まったのですが…

        本番で盛大に超えてしまいました。

         

        そして以前指摘された

        「声優芝居に偏りすぎている」

        今回のツインは顔出しメインの人なので、

        特にこれがハッキリ出てしまったように思います。

         

         

        自分は声優なので現場では特に違和感はないのですが、

        同じ役者でも顔出しの人と一緒にやるとかなり違う事が

        自分でもわかります。

         

        このオンオフを意識的にできるようにならないと

        ただのクセになってしまいます。

         

         

        声優芝居ではなく、表現として大きく豊かに。

         

        今回はあまり上手くいかなかったかもしれません。

         

         

        受けとして相手を立てる芝居をする。

        これは現場でも脇役を演じる時に常に考えます。

         

        しかし同時に、相手を立たせて自分も立つ

        これができない。

         

        今の自分の限界もハッキリでた本番だったと思います。

         

         

        今の自分の立ち位置からもう一つ上に上がり、

        作品の芯になれる役者になる事。

         

        そうでなければこの先自分は仕事を続けていけません。

         

        しかし自分だけでは、

        ここから何をすればいいのかわからないのです。

         

         

        現場で、メインを張る人たちを見て、

        違う事はわかるけど何が違うかわからない。

         

        でも自分は明らかに足りない事はハッキリわかります。

         

         

        今年は自分にとって大きな分岐点になる年です。

         

        本番の映像から、自分の弱点と使える部分を理解したいと思います。

         

         

        けん



        メンバー活動日記【3月2日】

        0

          3月2日(土)はボイスセッションでした。

           

          もう3月です。

           

          早いものです…


          3月・4月はいろいろと環境の変わる時期かと思います。
          APH内も激動中です。

           

           

          そんな中で、それぞれ自分のゴールに向かって

          淡々と稽古しています。



          ボディーボイスを身につけ、もっと使えるようにするために、

          そして自由に表現できるようになるために、

          今の私にももちろんテーマがあります。

          その一つに、

          身体の使い方で癖になってしまっている部分を修正する、

          というのがあるのですが、そのテーマに向かって、
          今日は20分ごとに二人一組で組んでセリフの稽古をしました。

           


          テーマがあると、そこに集中出来ます。


          そこに向かうことができます。


          そして、いろんな発見があります。

           


          今日も、身体の使い方として、

          「こっちの方向だ!」というのがみえて一つ修正されたのは、

          自分にとって大きな収穫でした。

           


          目標って大事だなと、改めて思ったセッションでした。

           


          みぃ



          メンバー活動日記【2月24日】

          0

            本日は演技クラスの本テスです。

             

             

            今回は「受け手側」という事で、

             

            相手のディレクションにしっかりと応えながら、

            自分のテーマを、どこまで掘り下げる事ができるのか?


            が焦点となります。

             

             

            今回の自分のテーマは「●●●●なセリフ回し」です。

             

            映像の役者として、身長のハンディキャップをどう武器にできるかを考えた時、

            代表とお話していた中で浮かんできたのが、

             

            「●●●●」

             

            という言葉でした。

             

             

            現場において


            「芝居の自体の●●●●さ」

             

            は少し評価されていると感じているので、

            セリフのレベルでも、その要素が掴めれば、大きな武器になる!と感じました。

             

             

            しかし、やってみると、なかなか思うようにはいかない。

             

            仕組みは教えて頂いてるのですが、感覚が全く追いつかない。


            それに加え、今回求められている役が、

            「クールな女性弁護士」という異性の役で、セリフの数も少ないので、

            今回は難易度の高いチャレンジになりそうです!!

             

             

            今回の本テスは、やりたいイメージはあるのですが、

            色々な点が全く追い着かず、あまり上手くいきませんでした。


            来週の本番迄には、もっとクオリティを上げられるよう、

            しっかりと準備を進めていきたいと思います!!

             

             

            そして稽古後、急遽事務所にて「プチ講義」が行われました!

             

            今回は、受験期にちなんで、

             

            「成功する人、失敗する人の条件」のお話でした。

             

            細かい事は書けませんが、

             

            「面倒くさい事」を、どれほどちゃんと積み重ねたか。

             

            「当たり前の事」の大切さを、どれだけ身に沁みて、行動に移せたか。

             

            そして、「いざという時」に、その人が出る。

             

            という事でした。

             

             

            本当に、耳が痛い話ばかりでした…(汗)


            少しでも芸事の世界に近づけるよう、

            普段の行動を丁寧に見直し、しっかりと改善していきたいと思います!

             

             

            メダカズキ



            メンバー活動日記【2月23日】

            0

              出だしが大切だなと現場に出て、つくづく感じます。

               

              その出だしが上手くいくと、そこから良いリズムが生まれていきます。

               

              逆に、出だしをいい加減にしてしまうと、後が乗っていかない。

               

              そして、大切にしようしようと思うほど、

              余計な力が入って、届かなかったりするんですよね。

               

               

              土曜日、二人組の稽古をしながら、浮いたり、届かなかったりする台詞が出てきて、

              自分の得意な音、逆に不得意な音がわかってきました。

               

              さらに、ツインで組んだFさんの中低音がとても響いて、

              こちらに届いてくるのもわかります。

               

              人によって、持ってる楽器が違うから、面白い。

               

              自分の一音を最初から提示できるように、稽古したいと思います。

               

               

              今、自分の根本的な部分を見直しするため、書き出しをしています。


              肝心なところで上手くいかない。

               

              これが、私のパターンになってしまっています。

               

              「頑なさ」「居着き」「言い訳」・・・これらが私の障害です。

               


              ここに直面したら、一皮むけるような気がしてなりません。


              だから、ピンチはチャンス。

               

              失敗を笑い話にできるように、超えていきます!

               

               

              ふわふわり



              メンバー活動日記【2月17日】

              0

                日曜日の演技クラス。

                 

                ツインの起因側が入れ替わり、その1回目でした。

                 


                オーディションもいろいろありつつ、

                養成所や学校に行っている人たちも査定などがある季節です。

                 

                大きく流れがあるので、うまく乗れるようにしたいですね。


                自分たちのやっていることに焦点を絞って、

                前回から見えてきた課題について、

                お互いにやりながら、それぞれが取り組んでいます。

                 


                私は今回ひとりなので、ひたすらやります。

                 

                あるところでつかみたいことがるのですが、

                そこがなかなか安定してつかめておらず…

                 

                その先にやりたいことがあるので、

                抜けられるようにひたすらやります。

                 

                 

                くろまる



                メンバー活動日記【2月16日】

                0

                  今日は土曜日。
                  ボイスクラスです。

                   


                  まず、ボイスの実践では、
                  発声の際に大切なポイントについて
                  学びました。

                   

                  発声の際、どのように身体を使うか、
                  という事なのですが、
                  その技術を使う事で、すぐに音の質が変わりました!

                   

                  さらにドリルを重ね、
                  自分の声をより良くしていきたいと思いました。

                   

                  そして、それを演技に生かしていきたいです!

                   


                  また、本日は、
                  オーディションに関するお話もありました。

                   

                  オーディションに受かる人、受からない人の
                  違いはどこにあるのか。

                   

                  受かる人は、どのようにして
                  オーディションに受かるのか。

                   


                  自分に足りなかった部分を痛感しました。

                   

                  オーディションへの取り組み方を変えて
                  いかなくては、と思いました!

                   


                  今日学んだボイスの技術、
                  そしてオーディションに関するポイントを
                  しっかり自分のものとし、
                  どんどん仕事をしていきたいです!

                   


                  OHA



                  メンバー活動日記【2月10日】

                  0

                    本日は前回の演技クラスの

                    エバリュエーションと講義をしていただきました。

                     


                    その回は、ツインのAさんが起因で自分が受け手でした。

                    Aさんの演出では
                    自分の「へ〜!面白そう!」というセリフのニュアンスを

                    さらに興味津々としてほしいとの事がありました。

                    セリフだけで想いが置いていかれている、

                    どうしても軽く聞こえてしまう。


                    そこに自分の課題を感じました。

                    相手も自分も納得の行く方向でにできたのか、
                    妥協をしていなかっただろうか、
                    してないけれどでもやはり出来を見てモヤモヤ。
                    引っかかりを感じてしまいました。

                     


                    経験や力不足がありますが、書き出しをしたり、
                    出来ることをまずしていく。
                    そしてきっちりうめていけるようにしたいです。

                    相手の要望をいかに正確に捉えて、再現できるか、
                    本当に難しいところですが、掴んでいきたいです。


                    そしてもう一点、
                    土曜日のボイスの稽古中でもあるのですが、
                    セリフの途中で迷いが見え、言い切れないか、

                    引いてしまう事があります。

                    あっ、また考えてしまったな!
                    うっ、違和感に気づいて中途半端だ!

                    全部相手に伝わってしまっています。 

                    今回も押しきれていないところがあり、
                    伸びやかさが欠けてしまいました。
                    その点を活かせるいい台本であっただけに悔しいです!

                    伸びやかさを出すことでちゃんと役を生かしていきたいです。


                    そしてそして今日は、
                    レベル3を達成したKさんの認定式!
                    APHの一同でお祝いをしました!!

                    APHでは五段階に分けられており、

                    レベル5目指して日々稽古に励んでいます。

                    その中で続々とお仕事をされている勢いのある方です!

                    Kさんのお話の中で出てきた言葉が、
                    「○○○○○は最強です!!!」

                    たまでんにも掲載されているのですが、
                    私もオーディションに受かるには外せないことになると思います!

                    オーディションに向け、
                    自分が 
                    「○○である事」「○が○○○事」
                    今の自分に必須です 。
                    先程の伸びやかさにも繋がる事だと思います。

                    意識の中に取り入れ、自分の持っている勢いと

                    掛け合わせていきたいと思います。


                    りつ



                    メンバー活動日記【2月9日】

                    0

                      正しく稽古を積んで、正しく力を使わなければと改めて反省しました。


                      稽古で力の使い方がズレていました。

                      台詞を伝える為にやっているのに力を伝えることに意識が向いてしまい、
                      肝心の台詞が伝わっていないという本末転倒な事をしてしまいました。


                      リーダーや他の人の相手をさせて貰って、

                      その感触のおかげで何とか軌道修正をすることが出来ました。

                      しかし自力で違和感を感じ修正出来なければいけません。


                      より繊細に、より丁寧に、稽古を積んでいこうと反省した日になりました。

                       

                       

                      スパロボブ



                      calendar
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << March 2019 >>
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                      JUGEMのブログカスタマイズ講座